診療学術のご案内

学会発表

HOME > 学術情報一覧 > 学会発表
2016年度

皮膚科

今井昭宏、永田雅彦
▶ 新規分子標的薬オクラシチニブを犬のかゆみ行動にどのように使うか?  
平成28年度日本小動物獣医学会 / 川崎.2016

Imai, A., Ohshima-Terada, Y., Kondo, H., Suganuma, T., Ogawa, A., Yamazaoe, H., Nagata, M.
▶ Clinical analysis of cholesteatoma in seven dogs.  
The 8th World Congress of Veterinary Dermatology / Bordeaux.2016.

Ohshima-Terada, Cho, O., Nagata, M.,Tsuboi, R., Sugita, T.
▶ Skin fungal microbiota in dogs with Malassezia dermatitis.
The 8th World Congress of Veterinary Dermatology / Bordeaux.2016.

Kondo, H., Kagawa, Y., Shirota, K., Moore, P., Nagata, M.,
▶ Non-epitheliotropic CD4-positive cutaneous T-cell lymphoma in a dog.
The 8th World Congress of Veterinary Dermatology / Bordeaux.2016.

Nagata, M., Imai, A.,Kondo, H., Ogawa, A., Suganuma, T., Kanazono, S.
▶ Intervertibral disk herniation may induce pruritic behaviour in dogs.
The 8th World Congress of Veterinary Dermatology / Bordeaux.2016.

今井昭宏、大嶋有里、安藤純、金野敏明、金園晨一、近藤広孝、菅沼常徳、小川藍、山添比奈子、永田雅彦
▶ 病理組織学的に真珠腫と診断した犬の8例. 
第19回日本獣医皮膚科学会総会・学術大会 / 埼玉.2016.

石井多恵子、今井昭宏、片岡修、黒田昌幸、近藤広孝、永田雅彦
▶ 猫の有棘細胞癌を伴うBowenoid in situ carcinomaの2例.
第19回日本獣医皮膚科学会総会・学術大会 / 埼玉.2016.

佐藤亜紗子、今井昭宏、小松隆志、近藤広孝、代田欣二、永田雅彦
▶ ターゲット照射型NB-UVBにより治療した犬の表皮向性T細胞リンパ腫の1例.
第19回日本獣医皮膚科学会総会・学術大会 / 埼玉.2016.

鳥飼和史、今井昭宏、永田雅彦
▶ ボルゾイの腹部に生じたいわゆるFordyce conditionによる色素斑の1例.
第19回日本獣医皮膚科学会総会・学術大会 / 埼玉.2016.

園田祐三、永田雅彦
▶ 皮膚科受診犬における VetScanⓇ Thyroxineを用いた血清総サイロキシン濃度の測定.
第12回日本獣医内科学アカデミー学術大会 / 神奈川.2016.

羽田麻梨絵、小松隆志、田村恭一、折戸謙介、近藤広孝、織間博光、永田雅彦
▶ ゾニサミドによる紅皮症を疑ったマルチーズの1例.
第12回日本獣医内科学アカデミー学術大会 / 神奈川.2016.

どうぶつの総合病院(略称:SYN)は埼玉県川口市にある動物の二次診療病院です。
一次診療病院との病診連携により飼い主様に確かな安心をご提供すると共に、総合診療科を持つ二次診療病院として地域獣医療の発展に貢献することを目的としています。
どうぶつの総合病院では、夜間救急や二次診療各科の診療のほか、画像診断、病理検査の各サービスもご提供しています。
また、獣医療者のための専門教育事業として獣医師向けのセミナー講座等も企画主催しています。
Copyright (C) 2018 SYNERGY ANIMAL GENERAL HOSPITAL. All rights reserved.