診療学術のご案内

SYN放読会

本講座は、参加者各人がレントゲン写真を持ち寄り、画像診断科部長菅沼常徳先生が読影して各先生方の疑問を解決するとともに、参加者各人が実際的なX線写真読影技術を一つ一つ身につけてゆくことを目的としている読影会です。
言うまでもなく、小動物臨床医が疾患を診断する上で、血液検査とX線検査はともに大きな武器であり、獣医師としてその解釈に慣れ親しんでいます。しかし、希な症例はもちろんのこと、よく遭遇する疾患であっても、そのバリエーションの多様さから頭を悩まされることも多く、レントゲン検査の解釈が難しい場合や異常所見を見落としてしまう事も多々あります。
本講座では実際の症例を通して見落としのない読影を進めていくことで、実践に近い実力が身につくと同時に、翌日からの診療にすぐ応用できる内容になっております。

参加いただける場合には、是非、X線写真をご持参下さい。互いに分からないことや不安な点を出し合いながら読影を進めて行きたいと思います。また、先生方にお持ちいただいたX線画像および超音波画像の読影に加えて、新しく当院へご紹介いただいた症例の画像を、正常解剖との比較や最新の知見を含めてご紹介させていただいております。

X線写真は従来通りのX線フィルムはもちろんのこと、デジタル画像への対応も用意してあります。デジタル画像はjpegなどの画像フォーマットではなく、可能であればdicomフォーマットで出力し、CD,DVD,USBなどに保存してお持ち下さい。

日 時
隔月第4日曜 午後15:00〜18:00
講 師
菅沼 常徳、福田 祥子(どうぶつの総合病院 画像診断科)
定 員
45名
参加費
5,000円
備考
※要事前予約
お問合わせ
radiology@syn.ne.jp
SYN放読会
  • 日時:2017年10月22日 15:00〜18:00 
  • 受付期間:2017年8月22日~2017年10月22日(※定員に達し次第締切)
  • 講師:菅沼 常徳、福田 祥子(どうぶつの総合病院 画像診断科)
  • 内容:講義と読影
  • 定員:45名
受講費:5,000円
どうぶつの総合病院(略称:SYN)は埼玉県川口市にある動物の二次診療病院です。
一次診療病院との病診連携により飼い主様に確かな安心をご提供すると共に、総合診療科を持つ二次診療病院として地域獣医療の発展に貢献することを目的としています。
どうぶつの総合病院では、夜間救急や二次診療各科の診療のほか、画像診断、病理検査の各サービスもご提供しています。
また、獣医療者のための専門教育事業として獣医師向けのセミナー講座等も企画主催しています。
Copyright (C) 2017 SYNERGY ANIMAL GENERAL HOSPITAL. All rights reserved.